9つの改革宣言

【改革6】辞めない社員を採用する!雇用ミスマッチを防ぐ方法!

「このような課題を持つ会社はすぐに取り入れてください」

雇用した社員が1年以内に退職した希望通りの人材を雇用できない面接1回で社員を雇用している

SR STATIONでは、客観性を加えて就職希望者を見極める、適性診断や基礎能力診断などのテストを用いた採用活動の見直しをご提案しています。

  • 仕事するにあたっての基礎資質や職種適性、能力測定をいたします。
  • 採用面接時に有効な質問例を提示いたします。

社員は雇う前に見極める

雇ってはみたものの短期間で退職していく社員が多いのも事実です。
短期間で入社した社員にかけた給与の支払いや教育・育成に関わるお金は無駄に流出したことになります。
社員を早期戦力化していくためにも雇用のミスマッチは防止すべき大きな課題と言えます。
雇用のミスマッチを防止する方法としてまず取り組むべきは、できる限り、"辞めない、自社に合った社員を雇用する"ことです。
そのためには、複数人の目線で複数回面接を実施することがお薦めです。
しかしながら、複数回面接を実施する時間を捻出できなかったり、新たな面接官を育てることも難しいという声もあります。
そんな時には適性診断や基礎能力診断といった採用テストの導入をお薦めします。

お問い合わせ

パソコンからのお問い合わせはこちら

9つの改革宣言